授乳中の産後ママが安全にコーヒーダイエットをする方法

産後でもダイエットでスリムに

 

コーヒーダイエットは授乳中でもやっていいの?

「もし変なものが入ってて、母乳から赤ちゃんの子育てに悪い影響があると困る」

万が一危険な成分が入っていたら育児も失敗するかもしれないので、使いたくないですよね。

 

そんなデリケートな産後でもコーヒーダイエットを安全にする方法を伝えます。ルールさえ守れば、プレママでもコーヒーは飲めますから。

ぴぴ
結論からいうと、カフェイン入りコーヒーは1日3杯まで。ノンカフェインなら自由に飲める!

授乳ママも安心

 

産後でもダイエットコーヒーを安全に使う方法

栄養満点の母乳で赤ちゃんもハッピー

 

重要なのは、コーヒーに入っているカフェインの量なんです。

授乳中にカフェインを摂りすぎると母乳を飲んだ赤ちゃんが、夜眠れなくなったり、出情緒不安定になりやすくなるんですよ。

産後ママは、1日3杯までのコーヒー(カフェイン200mg以内)が限度。この量を超えると、赤ちゃんはカフェインによる悪影響を受けやすくなってしまうから。

参考:厚生労働省

 

ノンカフェインなら授乳中でも100%安全

安全

 

1番おすすめなのは、カフェインが一切入っていないノンカフェインコーヒー。

コーヒーに含まれているものの中で、赤ちゃんにとって悪いものはカフェインだけなんです。そしてそのカフェインが含まれていないノンカフェインコーヒーなら、1日何杯やらカフェイン何グラムまでやらと、まったく気にする必要がありませんよ。

 

しかし、カフェインのおかげで頭がシャキッとする感覚はなくなります。

コーヒーで眠気を覚ましたり、集中力を高める使い方をしているなら、ノンカフェインコーヒーはおすすめできません。ふつうのカフェイン入りコーヒーを1日3杯まで。

 

プレママにとって正しいコーヒーダイエットのやり方

妊娠中のコーヒーダイエットのやり方
飲み物 おすすめのダイエットコーヒー
飲むタイミング 運動前 or 食後 or 食前
飲む量 1日3杯まで(カフェイン200mgまで)※
飲み方 MCTオイルを10g入れる

※ノンカフェインなら何杯でも飲んでよい

 

自慢されるキレイなママに

更新日:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Copyright© ぴぴとコーヒーダイエット , 2019 All Rights Reserved.